日本製を装い「危険成分入り、日本漢方・痩身の丸」英語圏で発売

日本製を装い「危険成分入り、日本漢方・痩身の丸」英語圏で発売

危険な中国製 痩せ薬 日本製を装いフィリピンで販売(2020年5月23日、マクタン島ラプラプ市で撮影)

 2020年5月23日、日本製を装った危険成分入り薬品『日本漢方・痩身の丸』が、英語表示パッケージで、フィリピン・マクタン島の洋品を中心に扱う店で売られていた。

 以前、日本でも問題になった『痩身の語』のニューバージョンだと思われる。危険なシブトラミン (sibutramine)などが含まれている。副作用として血圧上昇や心拍数増加なども報告されており死亡に至るケースもある。

 日本人が見れば、違和感のあるパッケージに日本製ではないと直ぐにわかるが、日本製だと信じて購入するフィリピン人女性も多い。販売コーナーにジョンソンなどの商品と一緒に置かれており、複数の危険な痩せ薬が陳列されていた。

 中国のWEBサイトでは、摘発を恐れ販売しておらず闇のルートで流通されているようだ。
【編集:KO】

関連記事(外部サイト)

×