フィリピン国内線の一部、運航再開! セブーマニラは6月2日から

フィリピン国内線の一部、運航再開! セブーマニラは6月2日から

エアアジアのイメージ

 2020年5月30日、新型コロナウィルス感染防止のため運航を中止させられていた国内線の運航が6月1日から可能になる。

 日本各地への国際線定期旅客便の運航が3月21日から禁止されているセブ。日本の領事事務所も置かれ、多くの語学留学先としての需要も高く、ボラカイ島やボホール島への拠点としても脚光を浴びていた。まだ、日本への直行便再開のスケジュールは出されていない。

 現在マニラに行く航空券は6月2日のフライトから購入できる。エアアジア・フィリピンが毎日2便を運航。6月8日からはフィリピン航空のフライトもスタート毎日1便。セブーマニラ間は、毎日3往復のフライトが再開される。

 マニラから日本へは、ANA(全日空)が、週3便羽田行き。JAL(日本航空)が、週1便成田行きを運航している。

 フィリピン航空は、6月22日からマニラ発日本行きフライトの運航を再開する。関西行きは、週3便。名古屋行きは、週2便。羽田行きは週4便・運航する。
【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)

×