日本の「かるびマック」難癖つける韓国 & 名代・富士そば「韓国冷麺」美味しくいただく日本

日本の『かるびマック』に韓国が難癖 「カルビーもカルビを真似た」と日本叩きに発展

記事まとめ

  • 日本のマクドナルドの「かるびマック」に、韓国では批判の声があがっている
  • 「かるびと平仮名で書いたのは、日本料理化させようとする意図に違いない」と主張
  • さらに「カルビーは、カルビを真似て会社名にした」とSNSで日本叩きに発展している

日本の「かるびマック」難癖つける韓国 & 名代・富士そば「韓国冷麺」美味しくいただく日本

日本の「かるびマック」難癖つける韓国 & 名代・富士そば「韓国冷麺」美味しくいただく日本

安価でおいしい、韓国冷麺 富士そば池袋店の店頭ポスター

 2020年6月、名代・富士そば 池袋店限定の「韓国冷麺」は、580円と安価で美味しく、韓国から仕入れた材料を使用している。朴店長が吟味した本場の味。「冷麺の本場は北朝鮮だろう、韓国は本場じゃない」などと無粋な難癖を付ける日本人は皆無だ。平和な日本では極々当たり前なことだ。

 しかし、韓国本国にいる異様に日本に敵対心を持つ狂気の韓国人は、日々日本に難癖を付けようとネタを探しているのが実情だ。

 日本のマクドナルドが世界のビーフバーガーを紹介する広告を掲載した。「世界のマクドナルドからビーフバーガー集結」との文章と共に、日本の「かるびマック」と表記している。クレーマーは、「日本では生肉を鉄板で焼いて食べる肉料理を『焼肉』と言うが、韓国式焼肉の『カルビ』を日本化している」と主張。カルビが平仮名で表記されていることも問題視。「日本ではキムチやマッコリをカタカナで表記して外国の食べ物と分かるようにしている」のに、「かるびと平仮名で書いたのは、日本料理化させようとする意図に違いない」と主張。また、日本のカルビーは、カルビを真似て会社名にしているなどSNSで日本叩きに発展している。
【編集:fa】

関連記事(外部サイト)