【フィリピン】ドゥテルテ大統領、マニラの外出制限継続・規制緩和は見送り

【フィリピン】ドゥテルテ大統領、マニラの外出制限継続・規制緩和は見送り

フィリピン国営テレビから

 2020年6月30日深夜、ドゥテルテ大統領はテレビで、新型コロナウィルスの感染防止策について、国民に伝えた。

 マニラ首都圏で実施中の外出・移動制限措置は継続する。外資系企業の工場が多いラグナ州とバタンガス州は規制を緩和する。

 感染拡大が最も深刻なセブ市は、残念な状況になっており、厳格な自宅隔離。外出禁止措置を軍や警察の部隊を投入して厳しく実行するとした。
【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)