【フィリピン】マニラで、バイク2人乗り条件付きでOK・新型コロナウィルス感染確認者累計51,754人

【フィリピン】マニラで、バイク2人乗り条件付きでOK・新型コロナウィルス感染確認者累計51,754人

2人乗りバイクには、前部座席と後部座席の間に、衝立を取り付ける(ABS-CBNから)

 2020年7月9日、フィリピンでの新型コロナウィルス感染確認者数累計は51,754人。死亡者1,314人。回復者12,813人になった。感染拡大は、マニラ首都圏やセブ州が多い状況だ。特にセブ市では、軍や警察の部隊が投入され、市民の外出禁止やマスク着用を厳しく呼びかけている。

 ABS-CBNによると、マニラでは、これまで禁止していたバイクの2人乗りが条件付きで7月10日から緩和される。条件は、前部座席と後部座席の間に、衝立を取り付けること。当面、乗車許可は家族のみで、営業目的のバイクタクシーは除外される。風圧が増えるため、低速走行のみ可能だ。
【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)