韓国・疑惑の女性国会議員も関与する「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」狙いは?

韓国・疑惑の女性国会議員も関与する「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」狙いは?

韓国のイメージ

 2020年8月14日は「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」だ。10日から5日間に渡って国会議員会館ロビーで展示会が催される。

 韓国のお盆事情は、知らなくてもいいことなので調べないが、14日がその日であるのに、最終日にあてるとは…クリスマスイブ、イブイブ的な、前夜祭的な派手な催しでもするのだろうか。韓国と言うのは、静かにその日を迎え祈るということができない、あえて書くまでもないが。

 この行事の主催者には、あの疑惑の女性国会議員が名を連ねている。厚顔無恥と言うか、無知蒙昧というか、どういったつもりなのか。主催人に名を連ねることで、「自分はなにもやっていない」ことを主張するつもりだろうか。いや、ここでまた疑惑の金を集めるつもりか。

 14日当日は、日本軍性的奴隷制問題解決に向けた芸術家の文化芸術活動を振り返り、新型コロナによる芸術家の現在を診断するという趣旨の討論会があるという。

 …よくわかんね〜こじつけだな。ただの雑談じゃないか。そんなの「おばあさん」たちの誰も望んでいないのに、なにをやりたいんだか、まったく。

 この日は、元慰安婦が、最初に公開証言した日、1991年8月14日を記念して制定された。今年は、丸30年だから、派手にしたいのだろう。韓国国会は、2017年にこの日を国家記念日にした。

 8月15日は、日本の終戦記念日だ。わざわざ日にちを寄せるところに、ものすごい悪意を感じるのは、筆者だけだろうか。泥棒が、記念の催しをする。なんて国だ。
【編集:fa】

関連記事(外部サイト)