野口裕哉氏死去、「日刊まにら新聞」創刊者

野口裕哉氏死去、「日刊まにら新聞」創刊者

野口裕哉氏(日刊まにら新聞 WEBから)

 2020年8月9日、野口 裕哉氏(のぐち・ひろちか)氏が死去。同氏は、フィリピンの邦字紙「日刊まにら新聞」創刊者。

 まにら新聞によると、9日午後0時15分、パラニャーケ市の自宅で死去。74歳。野口氏はフィリピンへの移住者の団体「PRA日本人倶楽部」の会長も務めていた。死因は内臓疾患とみられるが不明。新型コロナではなかったとみられる。

 葬儀・告別式の日取りなどは未定。野口氏は戦前の首相・近衛文麿の孫。細川護煕元首相とはいとこ。

 一般社団法人 共同通信社記者を経て、1992年「日刊まにら新聞」を創刊した。
【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)