日通東アジアブロック地域総括、上海市から「白玉蘭記念賞」を受賞

日通東アジアブロック地域総括、上海市から「白玉蘭記念賞」を受賞

日本通運・杉山常務執行役員(左)と上海市外商投資協会の黄峰会長(右)

 2020年9月16日、日本通運の東アジアブロック地域総括、杉山龍雄常務執行役員は、上海市から「白玉蘭記念賞」を受賞した。

 「白玉蘭記念賞」は、上海市が同市との友好交流協力の発展、社会的・経済的発展に貢献した上海市在住の外国人を表彰するもので、1989年から毎年実施している。今年度は受賞者50名のうち、日本人は5名となった。

 今回の受賞は、長年にわたる物流事業による上海市への貢献、上海市を起点とした中欧鉄道を利用したサービスの提供、上海海事大学への奨学金・寄付講座の運営、コロナ禍における物流制限下でのBCP対応ソリューションの提供やマスク・医療機器の輸送・保管サービスの提供が評価され受賞したもの。
【編集:KL】

関連記事(外部サイト)