フィリピン航空、新型コロナでさらに深刻な経営悪化・民事再生法申請へ

フィリピン航空、新型コロナでさらに深刻な経営悪化・民事再生法申請へ

フィリピン航空機のイメージ

 2020年11月26日、フィリピンABS―CBNによると、フィリピン航空は民事再生手続きに近日中に入る見込みだ。

 新型コロナ感染拡大の以前から、経営難が度々指摘されていたフィリピン航空。フィリピン政府の支援を受け債務の整理を目指すことになる。フィリピン航空には全日本空輸も出資している。

 世界中の航空会社が危機的な状況で、各国政府の支援を受け事業継続を目指す航空会社は、ドンドン増えそうな状況だ。
【編集:Eula Casinio】

関連記事(外部サイト)

×