タイ入国・隔離検疫16日間「6つのゴルフ場」も利用可能に

タイ入国・隔離検疫16日間「6つのゴルフ場」も利用可能に

タイ・ゴルフ場検疫パッケージ概要https://www.golfasian.jp/thailand-golf-quarantine-pkg/

 2021年2月1日、タイ国政府観光庁日本語版WEBページは、バンコク入国後の「コロナ隔離をゴルフ場で過ごす提案」について伝えた。

 1月13日に、タイ保健省コロナ緊急対策センターは、ASQホテル (Alternative State Quarantine) での隔離検疫の代わりに、ゴルフ場でラウンドしながら16日間隔離検疫することができるプログラムを告知。

 このプログラムは、タイ政府指定の6つのゴルフ場で利用できる。

 新型コロナ感染防止対策として、渡航者がタイへ入国する場合、入国前に入国許可書(COE)をタイ王国大使館で取得。タイ入国後、PCR検査を受け結果が陽性判定の場合はタイ政府指定の施設で隔離。陰性の場合は指定のゴルフ場で16日間隔離検疫する。

 ゴルフ場滞在中にPCR検査(3回)があり、ゴルフ場施設内から外にでることは不可。

タイ政府指定の隔離ゴルフ場

1, Mida Golf Club マイダ・ゴルフクラブ(カンチャナブリ県)

2, Evergreen Hills Golf Club & Resort エバーグリーン・ゴルフクラブ(カンチャナブリ県)

3, Blue Star Golf Course ブルースター・ゴルフコース(カンチャナブリ県)

4, Artitaya Country Club アリタヤ・ゴルフ&リゾート(ナコーンナーヨック県)

5, Sawang Golf Club サワン・リゾート・アンド・ゴルフクラブ(ペッチャブリー県)

6, Artitaya Chiang Mai Golf & Resort アリタヤ・チェンマイ・ゴルフ&リゾート(チェンマイ県)

詳細は、現地指定代理店「ゴルフアジアン」タイ・ゴルフ場検疫パッケージ概要に記載されている。

【編集:LJ】

関連記事(外部サイト)