漆沢祐樹氏、株式会社パーソナルナビHDを設立 銀座オフィスから上場を目指す

漆沢祐樹氏、株式会社パーソナルナビHDを設立 銀座オフィスから上場を目指す

アジアを代表する起業家・漆沢祐樹氏

 2021年3月1日、アジアを代表する起業家・漆沢祐樹氏が個人で所有する会社7社をホールディングスする親会社を今回新しく設立したことがわかった。

 この7社は漆沢氏が顧問兼講師を務めるi3ビジネスアカデミーに在籍している優秀な人材に出資を行い、0からエンジニアを育てる会社の経営を任せている。

これまでに設立された7社の社名と代表者名

・株式会社emiopulse(エミオパレス)
代表取締役 松葉翔太

・株式会社cleanstyle(クリーンスタイル)
代表取締役 一ノ瀬大

・株式会社merriris(メリリス )
代表取締役 竹本花

・株式会社Mondo creation(モンドクリエイション)
代表取締役 三輪創琉

・株式会社kiro(キロ)
代表取締役 中山魁星

・株式会社Renaxia(レナシア)
代表取締役 林聖晶

・株式会社CREDEAL(クリディアル)
代表取締役 勝山真介

 現在は上記の7社だが、今後も社長を育て会社数を増やし、日本により多くの経営者とエンジニアを輩出する予定。

 またホールディングス会社設立と同時にi3 ビジネスアカデミーの運営会社である株式会i3experienceと共に、4月から銀座オフィスをオープンし、数年以内に東京プロマーケット(東京証券取引所)への上場にチャレンジするという。

 ベンチャー企業と言えば渋谷や新宿のイメージが強い中、東京の一等地銀座から事業拡大を目指す株式会社パーソナルナビHDに今後も期待したい。

漆沢祐樹氏 のプロフィール
19歳で起業し、投資助言業の会社などいくつかの会社で役員を務め、事業譲渡やM&Aを経験。一般社団法人日本国際芸術文化協会の理事も務め、各国の大統領や大使に浮世絵外交を行い、浮世絵セミナーなどを展開しながら世界各国を周る。現在は7社のホールディングス会社の代表を務め、イギリス国立大学の海外MBA candidateでもある。

【TV出演】 いまから始める SDGs 〜中小企業のための新たな取り組み〜(2019年)YouTube公開中
【著書】 100番目のメッセージ(2011年)
【編集:LA】