仏大統領「トランプ氏説得した」=シリア攻撃で助言

仏大統領「トランプ氏説得した」=シリア攻撃で助言

仏「トランプ氏に攻撃助言」

仏大統領「トランプ氏説得した」=シリア攻撃で助言

仏大統領「トランプ氏説得した」=シリア攻撃で助言の画像

【パリ時事】フランスのマクロン大統領は15日、仏BFMテレビに生出演し、米英仏によるシリア軍事攻撃に関して、トランプ米大統領に敢行するよう「フランスが説得した」と語り、自身の助言がトランプ氏を動かしたと強調した。 マクロン氏は、「トランプ氏がシリアから撤退する意向を口にしたが、残るべきだと説き伏せた」と明かした。また軍事攻撃前にトランプ氏がツイッターでアサド政権への武力行使を示唆する投稿を行った際には「攻撃対象は化学兵器能力に限定すべきだと説得した」と述べた。 一方、AFP通信によると、サンダース米大統領報道官はマクロン氏の発言を受け、「(シリアにおける)米軍の任務は変わっていない。できるだけ早く米軍を撤収させたいという大統領の意向にも変わりはない」との声明を発表した。 【時事通信社】