ドイツ・カトリック教会でも聖職者1670人の性的虐待が発覚 68年間に3677人が被害

記事まとめ

  • ドイツ・カトリック教会の聖職者が、未成年3677人を性的に虐待していたことが分かった
  • 期間は1946年から2014年の68年間でシュピーゲル誌などが教会の調査報告の内容を報じた
  • 虐待を行った聖職者は1670人に上り、被害者の半数以上は13歳以下で、多くが男児だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております