米朝再会談、日本が場所提供?=「拉致」協議も−韓国紙報道

 【ソウル時事】10日付の韓国紙・京郷新聞は、日本政府が最近、第2回米朝首脳会談の開催場所を提供する用意があるというメッセージを米側に伝達したことが明らかになったと報じた。

 同紙は「日本で第2回米朝首脳会談が開かれれば、安倍晋三首相と金正恩朝鮮労働党委員長の会談も自然に行われることになる」と報道。「会談を通じ、日朝関係改善の最大の障害となっている拉致問題に関し、合意が実現するという観測もある」とも伝えた。「北朝鮮も、日本での開催に肯定的な反応を示している」という。

 同紙の記事は情報源に触れておらず、信ぴょう性は定かでない。 【時事通信社】