選挙集会で爆発、14人死亡=下院選前に襲撃続く−アフガン

 【ニューデリー時事】アフガニスタン北東部タハル州で13日、20日投票の下院選を前に開かれた選挙集会の会場付近で爆発が起き、警察当局者によると少なくとも14人が死亡、35人が負傷した。地元メディアによれば、選挙運動が始まった9月28日以降、同様の襲撃事件は3度目。

 警察当局者は「演説会場にある女性候補者のテント付近で、バイクに積まれた爆発物がさく裂した」と述べた。候補者は無事だった。 【時事通信社】