トルコで釈放の米牧師帰国=トランプ氏「関係改善へ前進」

トルコで釈放の米牧師帰国=トランプ氏「関係改善へ前進」

13日、ホワイトハウスでトランプ米大統領(右)と面会する米国人牧師アンドルー・ブランソン氏(AFP時事)

 【ワシントン時事】トルコで約2年間拘束された末、釈放された米国人牧師アンドルー・ブランソン氏が13日帰国し、ホワイトハウスでトランプ大統領と面会した。ブランソン氏は『全ての人に感謝したい』と述べ、米政府の支援に謝意を示した。

 トランプ氏は経済制裁やロシア製ミサイル防衛システムの調達などで冷え込んだトルコとの関係を前進させる「素晴らしい一歩」と評価。「対トルコ感情はきのうとはるかに違い、米国はトルコとより親密になれるチャンスがある」と関係改善に意欲を示した。トランプ氏はまた、釈放に関してトルコとの間に「取引はなかった」と強調した。 【時事通信社】