インド、感染者2000万人超=新型コロナ「第2波」続く

インドの感染者2000万人超に

 【ニューデリー時事】インド政府は4日、新型コロナウイルスの累計感染者数が2028万2833人になったと発表した。2000万人を超えたのは、米国に次ぎ2カ国目。死者は22万2408人。

 4日朝までの24時間の新規感染者数は35万7229人とやや減少傾向にある。ただ、30万人を上回るのは13日連続で、3月中旬からの感染の「第2波」が依然続いている。1日の死者も3400人を超えている。

 首都ニューデリーは4月19日から、感染拡大を防止するためのロックダウン(都市封鎖)を続けているが、引き続き1日約2万人が新規感染しており、病床や医療用酸素の不足が深刻な状態だ。今月3日には、コロナ感染で在留日本人の死亡が初めて確認された。国内各地でも封鎖など新たな行動規制が次々と敷かれている。 【時事通信社】

×