「生活にリスク」3割に急減=コロナ意識に変化―米世論調査

「生活にリスク」3割に急減=コロナ意識に変化―米世論調査

米国旗(AFP時事)

 【ワシントン時事】米メディア「アクシオス」は8日、新型コロナウイルス流行前の元の生活に戻ることに「リスクを感じる」と答えた米国民が30%にとどまったとする世論調査結果を発表した。3カ月前の調査の半分の水準で、新型コロナをめぐる米国民の意識が急激に変化していることを示している。

 調査は今月4〜7日に成人1027人を対象に実施。元の生活に戻ることに「大きな」または「中程度」のリスクを感じると答えた人は、3カ月前の調査では61%、2週間前は38%だった。 【時事通信社】

×