日米豪印首脳会議、ワシントンで=今秋開催目指す

日米豪印首脳会議、ワシントンで=今秋開催目指す

日米豪印首脳会議に出席したオーストラリアのモリソン首相(左)ら=3月12日、豪シドニー(EPA時事)

 【ワシントン時事】米国家安全保障会議(NSC)でアジア政策を統括するキャンベル・インド太平洋調整官は8日、日本と米国、オーストラリア、インド4カ国の連携枠組み(クアッド)について「今秋、米首都ワシントンで対面式の首脳会議を開くことが目標だ」と明らかにした。米シンクタンクのオンラインイベントで語った。

 クアッドは3月、テレビ会議方式で初の首脳会議を開催し、新型コロナウイルスワクチンの途上国向け支援で合意した。キャンベル氏は「4カ国の戦略目的はワクチンだけではない」と強調。次回の首脳会議では、インフラ分野での協力などが議題になるとの見方を示した。 【時事通信社】

×