ナワリヌイ氏団体を過激派認定=活動困難、選挙からも排除―ロシア

ナワリヌイ氏団体を過激派認定=活動困難、選挙からも排除―ロシア

ロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏=2月2日、モスクワ(AFP時事)

 【モスクワ時事】ロシアの首都モスクワの裁判所は9日、収監中の反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏が率いる団体を「過激派組織」に認定した。過激派と認定された団体の関係者は刑事責任を問われるため、活動継続は極めて困難になった。

 プーチン大統領は4日、過激派関係者の選挙出馬を一定期間禁じる法案に署名し、同法は成立した。ロシアでは9月に下院選と地方選が控えているが、今回の過激派認定によって、政権の思惑通りにナワリヌイ派の出馬は事実上不可能となった。欧米はプーチン政権に対する批判をさらに強めそうだ。

 過激派と認定されたのは中核団体「ナワリヌイ本部」や汚職追及団体「反汚職基金」など3団体。認定を受け、ナワリヌイ氏はインスタグラムで「汚職が政権の基盤である場合、反汚職の闘士は過激派となる」と皮肉り、「われわれは目標や理念を放棄しない」と表明した。 【時事通信社】

×