徴用工判決で韓国の李洛淵首相が声明「日本政府指導者たちが過激な発言を続けている」

記事まとめ

  • 韓国の李洛淵首相は、元徴用工への賠償を命じた判決の日本の対応に「深い憂慮」を表明
  • 李首相は「判決は、1965年の韓日基本条約を否定したものではない」とも説明
  • 一方、韓国大統領府高官は「わが政府の立場を整理しなければならない状況」とも明言

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております