スウェーデン初の女性首相、初日に辞任=連立相手離脱受け

スウェーデン初の女性首相、初日に辞任=連立相手離脱受け

スウェーデン首相が初日辞任

スウェーデン初の女性首相、初日に辞任=連立相手離脱受け

24日、ストックホルムで、スウェーデンの新首相に選出された後、記者会見するアンデション氏(AFP時事)

 【ロンドン時事】スウェーデン国会で24日にロベーン首相の後任として選出された与党・社会民主労働党党首のマグダレナ・アンデション氏(54)が同日、辞任した。連立を組む緑の党が政権を離脱したことから、「政府の正統性に疑問が生じかねない」として辞表を提出。同国初の女性首相に選ばれてから半日足らずで異例の退陣劇となった。

 ストックホルムからの報道によると、アンデション氏選出後の予算審議で、国会は政府案でなく野党側が出した代替案を可決。代替案の起草に極右スウェーデン民主党が加わっていたことから緑の党が反発し、連立を離脱した。アンデション氏は記者団に「連立相手が離れれば、政権も辞めるのが憲法上の慣行だ」と辞任理由を説明した。 【時事通信社】