「台湾で妥協の余地なし」=中国国防省、米けん制

 【北京時事】中国国防省の呉謙報道官は25日の記者会見で、米軍が台湾や南シナ海などで挑発行動に出ているとして「中国は真っ向から対抗しなければならない」と強調した。さらに「特に台湾問題において中国に妥協の余地はなく、米側はいかなる幻想も抱いてはならない」と、台湾と関係を深める米側をけん制した。 【時事通信社】