多和田葉子さんに独文学賞

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております