インドでヒンズー教徒が食肉用として牛肉を扱うイスラム教徒と対立 少年殺害事件も

記事まとめ

  • ヒンズー教徒が食肉用として牛肉を扱うイスラム教徒に暴力を加える事件が相次いでいる
  • 6月には16歳のイスラム教徒が、牛肉を運んで帰宅途中、十数人の男に囲まれ殺害された
  • モディ首相は牛の売買を禁止するなど流通規制を進めてきたが、イスラム教徒が抗議も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております