米軍がソマリアで過激派空爆

ソマリアで空爆=米軍

 【ワシントン時事】米アフリカ軍は10日付の声明で、ソマリア南部で同日、イスラム過激派アルシャバーブ戦闘員を標的とする空爆を行ったと発表した。空爆による被害などは調査中。アルシャバーブは国際テロ組織アルカイダとつながりがあるとされる。
 トランプ政権は3月、ソマリアに展開する米軍の活動強化を承認。アルシャバーブに対する空爆を繰り返している。