独、戦車供与になお慎重=ポーランド正式申請、「緊急に対応」

独、戦車供与になお慎重=ポーランド正式申請、「緊急に対応」

ウへの戦車供与 独なお慎重

独、戦車供与になお慎重=ポーランド正式申請、「緊急に対応」

24日、ベルリンで記者会見する北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長(左)とドイツのピストリウス国防相(AFP時事)

 【ベルリン時事】ドイツのピストリウス国防相は24日、ロシアの侵攻を受けたウクライナへの独製戦車「レオパルト2」の供与について「新しい状況にはない」と述べ、依然として慎重な姿勢を示した。北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長との会談後の共同記者会見で述べた。

 ピストリウス氏は、ドイツ以外にも戦車供与に慎重な国はあると指摘。「プロセスに時間をかける必要がある」と語り、ウクライナ支援国間の合意形成が先決だと訴えた。

 ストルテンベルグ氏は会談でレオパルト供与について意見を交わしたと表明。「まもなく解決策が出ると確信している」とも述べ、早期に結論に達するとの見方を示した。

 一方、ポーランドのブワシュチャク国防相は24日、自国軍が保有するレオパルト2のウクライナへの引き渡し許可を独政府に正式に申請したと、ツイッターで明らかにした。DPA通信などによると、14台の供与が申請され、ドイツ側は「緊急に対応する」と応じた。ポーランド以外にフィンランドなど一部の保有国も供与に前向きとされ、製造国ドイツへの圧力が高まっている。 【時事通信社】

  • 13

    >航空戦だけでは勝利を確定できない。 仰る通りで、歩兵が当該地域を掃討した後に居座らなければ占領したことにはなりませんからね。 航空兵力については、ゼレンスキー氏がどんな作戦行動を行うかにも関係すると思いますよ。 ウクライナ軍と異なりロシア軍は都市部には布陣しない方針らしいので、多少の民間人(東部はロシア系が多いはず)を巻き添えにすることを厭わなければ、ゼレンスキー氏は絨毯爆撃的な攻撃で殲滅を図るかも知れません。

  • 12

    いままでウクライナファシスト支援の大半の金がアメリカから出ていたが、共和党下院はこれから新規の金は止めるだろう。それまでドイツは耐えなければならない。 年末に着任したばかりの駐ウクライナ米大使が、政府専用機(米軍?)で裏金2500億円ほどの現ナマを運んで、米軍につかまりGITOMOで処刑された。

  • 11

    ドイツはアメリカ戦争屋の圧力に何とか絶えないと、ヨーロッパは原爆で火の海になる。 アメリカも下院を共和党が取っているから、ウクライナ支援を止めさせるべきだ。もう偽ホワイトハウス(タイラー・ペリー・スタジオ)にいる偽バイデンを引きずり下ろすときだろう。 米軍WHはブリンケン国務長官と極悪ヌーランド国務次官を、反逆罪でGITMOに送る時が来たようだ。

すべてのコメントを読む