ドミンゴ氏、セクハラで調査=「世界三大テノール」−LA歌劇場

ドミンゴ氏、セクハラで調査=「世界三大テノール」−LA歌劇場

オペラ歌手プラシド・ドミンゴ氏=2017年7月、マドリード(AFP時事)

 【ロサンゼルス時事】米ロサンゼルス(LA)歌劇場は13日、「世界三大テノール」の1人に数えられるオペラ歌手プラシド・ドミンゴ氏(78)のセクハラ疑惑を外部の専門家を交えて調査すると発表した。AP通信は、女性歌手らの告発を基に、約30年前からドミンゴ氏がセクハラを繰り返していたと報じていた。

 ドミンゴ氏は、米メディアへの声明で「自分のやりとりや関係はすべて歓迎され、合意があったと信じていた」と疑惑を否定した。一方、「現在適用されるルールや基準は昔とは全く異なると認識している」とも付け加えた。 【時事通信社】