玉串料奉納「深い憂慮」=韓国

 【ソウル時事】韓国外務省は15日、安倍晋三首相が靖国神社に玉串料を奉納したことなどを受け、報道官談話で「深い憂慮」を表明した。

 談話は「日本の政治指導者が過去の歴史に対する謙虚な省察と反省を実際の行動で見せることを求める」と主張。「こうした姿勢が土台になるとき、韓日関係は未来志向的に発展できる」と訴えた。 【時事通信社】