ベネズエラ、ロシアと軍艦訪問協定=米国の反発必至

ベネズエラ、ロシアと軍艦訪問協定=米国の反発必至

ベネズエラのパドリノ国防相=2月19日、カラカス(AFP時事)

 【サンパウロ時事】ベネズエラは15日、ロシアとの間で軍艦の相互訪問に関する協定を結んだと発表した。ロシアは中国とともにベネズエラの独裁的な反米左派のマドゥロ大統領を支えている。マドゥロ政権打倒を目指す米国は、中ロに支援停止を求めており、協定への反発は必至だ。

 ベネズエラのパドリノ国防相はロシアでショイグ国防相と会談後、ツイッターで「ロシアとの関係を強化するため、新たな協力協定を結んだ」と強調した。ベネズエラ側によると、両国は2001年以来、軍事協力を強化している。 【時事通信社】