アマゾン森林火災、10月は最少=平均半数以下の7855件―ブラジル

アマゾン森林火災、10月は最少=平均半数以下の7855件―ブラジル

アマゾン地帯で発生した森林火災=9月9日、ブラジル西部ロンドニア州ポルトベリョ(EPA時事)

 【サンパウロ時事】ブラジル国立宇宙研究所によると、植生上のアマゾン地帯で10月に確認された森林火災は、1998年の統計開始以来最も少ない7855件で、同月平均の半数以下となった。8月は3万901件、9月は1万9925件だった。

 地元紙フォリャ・デ・サンパウロは「8月の危機で国際的反響が大きくなったのを受け、政府が軍を出動させて鎮火に当たったほか、(一帯の)野焼きを2カ月間禁じたことなどが減少につながった」と指摘した。

 環境保護に後ろ向きとの内外の批判を受け、ボルソナロ大統領が取った対策の効果が表れるとともに、異常乾燥が収まりつつあることも影響しているとみられる。 【時事通信社】