ウラン濃縮拡大でイラン非難=「最大限の圧力」継続―米

ウラン濃縮拡大でイラン非難=「最大限の圧力」継続―米

テヘランで演説するイランのロウハニ大統領=5日、イラン大統領府提供(AFP時事)

 【ワシントン時事】米国務省は5日、イランのロウハニ大統領が表明したウラン濃縮活動の拡大を「間違った方向への大きな一歩だ」と非難する声明を出した。その上で、イランに対し「核拡散に関連する活動など地域を不安定化する振る舞いをやめない限り、最大限の圧力をかけ続ける」と警告した。

 ロウハニ師が再開を宣言した中部フォルドゥの核施設でのウラン濃縮について、国務省声明は「核による明白な脅迫である以外に、信じるに足る理由はない」と指摘。そうした活動が「政治と経済での孤立を深めるだけだ」と批判した。

 さらに、イランの核関連活動に関する「国際原子力機関(IAEA)の独立した検証を全面的に支持する」と強調した。IAEAによる確認作業の結果を待って、追加制裁などの措置を講じる可能性がある。 【時事通信社】