米当局、ツイッター元従業員ら3人訴追=サウジのスパイ活動に協力

 【シリコンバレー時事】サウジアラビア政府のスパイ行為に協力したとして、米司法省がツイッター社の元従業員2人を含む3人を訴追したことが6日、サンフランシスコの連邦地裁に提出された訴状で明らかになった。サウジ政府に批判的な投稿をしていた人物の個人情報を不正に入手し、サウジ当局者に提供していた疑いがある。

 2人は2013年から15年にかけてツイッターに勤務し、利用者のメールアドレスや電話番号を閲覧できる立場にあった。6000人以上の情報にアクセスし、米メディアによると、この中には昨年殺害されたサウジ人記者ジャマル・カショギ氏と親しい人物も含まれていた。 【時事通信社】