米、APEC自国開催を打診=来年1月―議長国マレーシアに

 【クアラルンプール時事】マレーシアのサイフディン外相は7日、2020年に同国が議長を務めるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議について、米国が同年1月に自国で開催したいと打診してきたと明らかにした。

 地元メディアによると、今月初旬にバンコクで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議の期間中に、ポンペオ米国務長官から電話でAPECに関する米側の意向を伝えられた。外相は「良い考えだとは思わない」と答えたという。

 チリの首都サンティアゴで今月予定されていたAPEC首脳会議は、政情不安を理由に開催が中止となった。 【時事通信社】