米長官、ウラン濃縮再開を非難

 【ワシントン時事】ポンペオ米国務長官は7日、声明を発表し、イランが中部フォルドゥの地下核施設でウラン濃縮活動を再開したことについて「国際社会を脅し、イランが行う暴力行為やテロを容認させようとする意思を反映したものだ」と非難した。 【時事通信社】