ブラジルのルラ元大統領釈放=有罪未確定理由、政治活動再開へ

ブラジルのルラ元大統領釈放=有罪未確定理由、政治活動再開へ

ブラジルのルラ元大統領釈放

ブラジルのルラ元大統領釈放=有罪未確定理由、政治活動再開へ

8日、ブラジル南部パラナ州クリチバで、釈放後に演説するルラ元大統領(AFP時事)

 【サンパウロ時事】在任中の収賄罪で二審で禁錮12年1月の有罪判決を受け(後に約8年11月に減刑)、昨年4月から収監されていたブラジルのルラ元大統領(74)=上訴中=が8日、釈放された。連邦最高裁が7日、別の裁判で「収監は(被告の)法手続きが完了し、有罪判決が確定してから」と判断したのを受け、ルラ氏の釈放が認められた。

 収監先の南部パラナ州クリチバの連邦警察施設から出たルラ氏は、詰め掛けた支持者に向け、検察官らを批判した上で「ボルソナロ(大統領)のようにうそをつく政権でなければ、この国ははるかに良くなっている」と強調。左派のルラ氏を敵視する極右ボルソナロ政権と対決するため政治活動を再開し、全国行脚する意向を明らかにした。 【時事通信社】