各地で抗議活動、衝突続く=警官発砲で若者重体―香港

各地で抗議活動、衝突続く=警官発砲で若者重体―香港

香港でデモ隊の1人(手前右)に向かって発砲しようとする警官(左端)=11日、Cupid Newsが公開した映像より(AFP時事)

 【香港時事】反政府抗議活動が続く香港で11日、各地でデモが頻発し、警官隊と激しく衝突した。香港島ではこの日朝、警官がデモ隊の男性(21)に発砲。救急搬送された男性は重体という。抗議活動とストライキは全土で呼び掛けられており、当局との緊張は予断を許さない情勢だ。

 香港では11日、8日に警官隊とデモ隊の衝突現場付近で負傷した男子大学生が死亡した事件を受け、朝から各地で車道封鎖や放火、鉄道線路に障害物を置くなどの交通妨害が行われた。これに対して、武装した警官隊は催涙弾や放水車で強制排除を展開した。

 男性が撃たれた香港島東部でも、早朝からデモ隊が集まっていた。現場を映した動画によると、デモ隊の1人を制圧した警官が、詰め寄った別のデモ隊の男性に発砲。男性は1メートルほどの至近距離から右わき腹を撃たれた。警察側は「自己防衛のためやむを得ず発砲した」と説明している。

 午後には、香港島最大のオフィス街である中環(セントラル)でも大量の催涙弾が発射され、昼休みにデモに参加していた会社員らが逃げ惑った。ベッドタウンである新界地区では、デモに反対した男性が身体に火を付けられ重体となる事件も起きた。

 報道によると、11日は域内約300の中高校で授業ボイコットが計画され、混乱を恐れた複数の大学が休校となった。香港中文大周辺では、学生らによって組織されたとみられるデモ隊と警官隊が衝突。香港理工大でも大学構内に催涙弾が撃ち込まれ、火炎瓶も使われた。 【時事通信社】