「側近が米外交乗っ取り」=解任の前大使証言―ウクライナ疑惑

「側近が米外交乗っ取り」=解任の前大使証言―ウクライナ疑惑

15日、米下院の公聴会で証言するヨバノビッチ前駐ウクライナ大使(AFP時事)

 【ワシントン時事】トランプ米大統領のウクライナ疑惑の弾劾調査で、5月に解任されたヨバノビッチ前駐ウクライナ大使が15日、下院情報特別委員会の公聴会で証言した。前大使は、トランプ氏の側近ジュリアーニ弁護士の「中傷キャンペーン」によって排除されたとして、「腐敗した利害関係者が(外交を)乗っ取った」と強く非難した。

 ジュリアーニ氏は当時、バイデン前副大統領に関するスキャンダル調査をウクライナ政権に要求していた。

 証言によると、ウクライナ政権に腐敗一掃を求めていたヨバノビッチ氏は、ルツェンコ前検事総長ら「腐敗した指導者」と対立。ルツェンコ氏と結託するジュリアーニ氏からも「トランプ氏の指示を無視するよう大使館員に働き掛けた」などと、虚偽の非難を受けるようになった。 【時事通信社】