ポンペオ米国務長官、中曽根氏死去で弔意

米国務長官 中曽根氏に弔意

 【ワシントン時事】ポンペオ米国務長官は29日、中曽根康弘元首相の死去を受けて声明を出し、「遺族と日本国民に心からお悔やみを申し上げる」と表明した。その中で「中曽根氏は重要な節目における勇気ある指導者で、米国の信頼できる友人として、日米の同盟および経済関係の強さを具現化した」と業績をたたえた。

 その上で「大政治家として当時、近隣諸国との関係を改善し困難な国際問題に対処するために取り組んだことが、国際社会に持続的な影響を及ぼした」と強調。冷戦末期という難しい時期に日本外交を主導した中曽根氏をしのんだ。 【時事通信社】