イランデモ、死者200人超か=人権団体

 【カイロ時事】イランでガソリン価格の引き上げを機に拡大した反政府デモで、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは2日、死者が少なくとも208人に達したとの推計を明らかにした。実際はもっと多い可能性があるとして、「憂慮すべき犠牲者の数は、イラン治安部隊が恐ろしい殺りくを行った証拠だ」と批判した。

 一方、イランの在外反体制派組織「国民抵抗評議会」は、デモによる死者数は600人を超えると主張している。AFP通信によると、イラン司法当局者は3日、「敵対勢力によって流される数字は全くのうそだ」と反論した。 【時事通信社】