温暖化対策後ろ向きで日本に「化石賞」=国際環境NGOが選定―COP25

温暖化消極的で日本に化石賞

 スペイン・マドリードで開かれている国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)で、国際的な環境NGO「CAN」は3日、地球温暖化対策に消極的な国に贈る「化石賞」に日本を選んだ。梶山弘志経済産業相が3日の記者会見で、温室効果ガスの排出源となっている石炭火力発電について、「化石燃料の発電所は選択肢として残しておきたい」と述べたことを理由としている。

 国連のグテレス事務総長は2日のCOP開幕時に、石炭火力発電への依存をやめるよう訴えていた。NGOは、この翌日に経産相が石炭火力を継続する考えを表明したことについて、「気候変動の危機に立ち向かおうとする人々の努力に水を差す」と批判した。

 化石賞は他に、オーストラリアとブラジルにも贈られた。 【時事通信社】