中国外相、5年半ぶり公式訪韓=「最大脅威」と米国批判

中国外相、5年半ぶり公式訪韓=「最大脅威」と米国批判

中国の王毅国務委員兼外相=11月25日、東京(EPA時事)

 【ソウル時事】中国の王毅国務委員兼外相が4日、韓国・ソウルを訪問し、康京和外相と会談した。中国外相の公式訪韓は2014年5月以来、5年半ぶり。双方は今月下旬に四川省成都で行われる日中韓首脳会談を前に意見交換し、中韓の協力を強化していく立場を確認した。

 中国外務省によると、王氏は「中韓は隣国であり、友人であり、パートナーだ。共に地域の平和と安定へ建設的な役割を果たすべきだ」と協力の必要性を強調。一方で「世界の平和と安定への最大の脅威は国際秩序を破壊する一国主義だ」と述べ、米国を念頭に批判した。 【時事通信社】