仏で新型肺炎の死者=中国人旅行者、アジア外で初

肺炎 仏で中国人旅行者死亡

 【パリ時事】フランスのビュザン保健相は15日、パリで入院していた新型コロナウイルスの感染患者が死亡したと明らかにした。死亡したのは中国人旅行者の男性(80)。アジア以外で新型ウイルスによる死者が確認されたのは初めて。

 ビュザン氏によると、男性は湖北省出身で、1月16日に入国。同25日から入院し、肺炎を発症していた。男性の娘も新型ウイルスに感染し、同じ病院で治療を受けていたが、現在は回復し間もなく退院できる見通しだという。 【時事通信社】