菅首相に祝意=安倍氏には「お疲れさま」―台湾総統

 【台北時事】台湾の蔡英文総統は16日、ツイッターに日本語で投稿し、菅義偉新首相に「心よりお祝い申し上げます」と祝意を示した。首相が直面する課題として、新型コロナウイルス対策や景気回復といった課題を挙げた上で「『意志あれば道あり』の信念で、必ず道が開けてくると思います」などと激励した。

 蔡氏はまた、安倍晋三前首相に「大変お疲れさまでした」とねぎらいの言葉も投稿。「これからも台日関係の深化をよろしくお願いいたします」と、日台親善への協力を要請した。

 台湾では新閣僚への関心も高く、岸信夫防衛相の人事は特に注目を集めた。中央通信は15日夜、初入閣が固まった岸氏について「親台派」と表現した上で「雑誌への寄稿を通じ、日米台による安全保障対話の必要性を主張してきた」と指摘。台湾問題や東シナ海などで強硬姿勢を強める中国の脅威を念頭に、安全保障面での日台の交流強化に期待をにじませた。 【時事通信社】