仏教師殺害、預言者風刺画動機か=容疑者の男、大統領を非難

仏教師殺害、預言者風刺画動機か=容疑者の男、大統領を非難

仏教師殺害 男が大統領非難

仏教師殺害、預言者風刺画動機か=容疑者の男、大統領を非難

17日、パリ近郊の中学校入り口で、殺害された男性教師を悼む人々(AFP時事)

 【パリ時事】パリ近郊の中学校付近で16日、同校勤務の男性教師が殺害された事件で、フランス捜査当局は17日、容疑者の男がイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画が動機だったことをほのめかす文章をツイッターに投稿していたと明らかにした。仏メディアが報じた。

 AFP通信によると、検察当局は容疑者から押収された携帯電話を通じ、被害者とみられる切断された男性頭部の画像がツイッターに投稿されたと明らかにした。マクロン大統領を「不信心者」と非難し、「ムハンマドをおとしめたおまえの犬を始末した」と書き込まれていた。

 容疑者の男はモスクワ生まれのチェチェン人。6歳の時に家族とフランスに移り、難民認定を受けていたという。捜査当局の監視対象ではなく、過激思想に感化された危険人物として浮上していなかった。 【時事通信社】