垂駐中国大使「国民感情の悪化反転させる」=日中有識者フォーラムで

 日中両国の有識者が参加して東京で開かれていた「東京―北京フォーラム」は1日、2日間の議論を終えて閉幕した。11月に着任した垂秀夫駐中国大使はオンラインで参加し、両国間で悪化している国民感情について「反転させるために何ができるのか真剣に考える必要がある」と述べ、関係改善に取り組む考えを示した。

 垂氏が公の場で発言するのは着任後初めて。関係改善に向け、「より多くの人が不十分な理解や感情的なしがらみを乗り越え、互いに重層的に関わる」ことが重要だと述べた。孔鉉佑駐日中国大使も東京の会場で「お互いの政治的信頼を増進し、人的交流をさらに促進すれば、中日関係は必ずや新たな発展を遂げる」と強調した。 【時事通信社】