「トランプ氏任期終わった」=米国務省サイト、一時表示

「トランプ氏任期終わった」=米国務省サイト、一時表示

11日、米国務省のウェブサイトに表示されたトランプ大統領の略歴

 【ワシントン時事】「ドナルド・トランプ(米大統領)の任期は11日に終わった」。事実に反する内容が記されたトランプ氏の略歴が11日、国務省のウェブサイトに一時的に表示された。CNNテレビ(電子版)によると、内部調査が始まっており「不満を持つ国務省職員」がサイト改ざんを行ったとする見方が出ている。

 実際にトランプ氏の任期が終わるのは20日。バイデン前副大統領が20日正午(日本時間21日午前2時)に大統領に就任し、トランプ氏は退任する。

 CNNによると、6日のトランプ氏支持者による連邦議会議事堂乱入に反発した国務省の一部職員が先週、ポンペオ国務長官に対する異議申し立ての公電を送り、乱入でのトランプ氏の役割を批判するよう求めた。しかし、今回のサイト改ざんと関係があるかは分かっていない。

 ペンス副大統領についても、略歴に「任期が11日に終わった」と表示された。ページの存在がソーシャルメディア上で話題になった後、アクセスできなくなった。 【時事通信社】