台湾総統が米国連大使とオンライン会談=支持継続を要請

台湾総統が米国連大使とオンライン会談=支持継続を要請

台湾の蔡英文総統=2020年10月、台北(EPA時事)

 【台北時事】台湾総統府は14日、蔡英文総統が同日午前、クラフト米国連大使とオンラインで会談したと発表した。総統府によると、蔡氏はクラフト氏に「台湾は国際社会に貢献する能力も決意もある」と強調。「これからも国連と付属機関の会議や活動への参画を推進し、台湾も(国際社会の)重要な仲間だと世界に知らしめたい」と述べ、継続的な支持を米国に要請した。 【時事通信社】