工作員の監視下に置かれる中国人留学生【中国1分間】

【新唐人2017年8月4日】
汚職高官の摘発相次ぎ刑務所が定員超過に

反腐敗運動を推進する習近平政権下で汚職高官が続々と摘発される中、北京秦城刑務所が定員超過となり、増築計画が持ち上がっています。


工作員の監視下に置かれる中国人留学生

「ニューヨーク・タイムズ」は、中国の特殊工作員が中国人留学生を監視し、当局に報告していると告発する記事を掲載しました。オーストラリアの中国人留学生は授業討論に参加しないなど自由な教育文化を阻害しており、手段を講じるべきと警告しています。


ノルマ達成できなければ便器の水を飲む罰 ネットで批判殺到

ノルマを達成できなかった従業員が便器の水を飲む罰を受けている動画がネットで物議を醸しています。動画が撮影されたのは四川省の写真館で、動画の中でトレーナーが、もしチームが目標ノルマを達成できなかったら便器の水を飲む罰が与えられると説明していました。ネットでは「ひどすぎる。なぜ社長が率先して飲まないのか?」との批判の声が上がっています。

新唐人テレビがお伝えしました。               

(翻訳/白白 映像編集/李)