史上最高の豪華客船が北極横断 消えゆく氷の惨状に驚いた

【新唐人2016年9月18日】
史上最高の豪華客船クリスタル・セレニティ号が16日、米ニューヨーク・マンハッタンに到着し、カナダ北極圏の北西航路を経て北極を横断する史上初の歴史的な旅を終えた。32日間のクルーズには1000人以上の乗客と600人の船員が乗船した。

この世紀のクルーズでは、甲板から北極の絶景を望むことができ、乗客はさらに小型ボートに乗って、ホッキョクグマを間近で見ることもできた。

これまで氷に閉ざされていた幻の「北西航路」だが、地球温暖化により海氷が溶けたため、今回のクルーズが成功した。

クリスタル・セレニティ号船長ビルガー・ヴォーランド:「一分刻みで細かく航行を計画したため、とても順調だった。予想外であったのは、北極の氷が我々の想像よりも少なかったことだ。」

クルーズに参加した乗客も、消えゆく氷の惨状に驚いている。

乗客のナンシー・コスグローブさん:「本当に驚いた。てっきり氷河の中をクルーズするのかと思ったら、氷がないのだから。こんなに氷が少ないとは思わなかった。」

北極の生態が絶滅する前に体験しようというクリスタル・セレニティ号観光の着眼点は良いと言えるが、一方で現地の自然環境をさらに悪化させるとして批判の声も上がっている。

クリスタル・セレニティ号の北極クルーズの価格は一人当たり2万1000ドル〜12万ドルで、次回航行は2017年を予定しているという。


(翻訳/白白 映像編集/李)